「ペットバイタブル」質問フォーラム

質問:どんな酵素が含まれているのでしょうか? 乳酸菌とかも含まれているのでしょうか? (お客様より)

from: 管理者 2012年02月16日 11時35分 解決 コメントする
ペットバイタブル商品には、どんな酵素が含まれているのでしょうか?
乳酸菌とかも含まれているのでしょうか?
【関連キーワード】なし
  返信数:1 | 解決  Me too度:781 評価する:Me too! 役に立った!

カテゴリ:その他

コメントする

from: 管理者 (質問者) 2012年02月16日 11時40分
 ペットバイタブルの発酵野菜パウダーは、乳酸菌や酵母という微生物の力を最大限利用して造られている発酵食です。その微生物の力の主役となるものは、彼らの生命のなかに存在している何千種もの「酵素=エンザイム」という特殊なタンパク質です。「酵素=エンザイム」というタンクパク質の「働き」とは、有機物質を分解したり合成したりする「有機化学反応」のことなのです。
 つまり、大高酵素製品は、植物細胞の酵素群や発酵微生物の酵素群の働きを、最大限利用する「発酵」というシステムで品質は造られているということが、第一の結論です。

 私たちが、食生活においてとても重要なことは、生食や発酵食を摂取することで、唯一「野生時代」の食性の在り方が継承できており、それが私たちのもっている腸内菌や腸内環境を守ることにつながっているということです。

 つまり、酵素の働きの統合である「発酵」というシステムや、もしくは、直接の酵素の働きを利用することで、腸内菌や腸内環境の働きを、代用補佐するだけではなく、腸内菌バランスを養ったり、腸内環境を浄化することにつながっているからです。

 仮に、食生活のなかで、酵素の働きを一切利用しない生活をしていますと、その働きのすべてを、腸内菌や腸内環境が代行しなければなりません。すべての代行には無理がありますし、できない部分は栄養成分として吸収できないということが起きてしまいますし、またそうした事態は、すぐに腸内菌バランスや腸内環境の悪化を招いてしまいます。
 「酵素=エンザイム」というタンクパク質の「働き」とは、有機物を分解したり合成したりすることで、私たちに会うサイズにしたり、有効な成分へと組み立てたりすることだからです。

 しかし、ここでさらに重要なことがあります。

「酵素=エンザイム」というものはタンパク質でできていますので、口からは摂取できても、腸管からは大き過ぎて吸収はできません。

腸管から吸収できるサイズは、アミノ酸が1個から3個までの大きさであり、そのアミノ酸が何百個もつながっている大きなサイズの「酵素=エンザイム」は、とても吸収できるものではありません。仮に、腸管を突破してしまいますと、自己のタンパク質ではない「異種タンパク」として、免疫細胞に攻撃されてしまうことになります。

 ここでお伝えしたいことは、第二の結論として、酵素の問題で大切なことは、酵素の有機化学反応の結果を吸収して、人体に利用していくことが、回りまわって体内酵素の有効な運営にも良い影響を与えていくということです。

つまり、酵素の働きを摂り入れることが重要であり、間違っても決して吸収されることのない「酵素=エンザイム」という物質を意味なく腸管に集めることではないということです。


 ケーキ職人や靴職人を家に買って帰る訳にはいきません。彼らのつくりだしてくれた作品を、家に買って持ち帰ることができるのとほぼ意味的には同じことです。

 体内酵素は、自己タンパクでつくられています。「大高一郎」さんの体内酵素は、「大高一郎」のサインがついたタンパク質でできていますので、他のタンパク質では代用できませんし、まして、食における酵素が、物質として吸収されて体内で代用するかのような事態は、まったくの錯覚や虚偽であり、サイエンスでも何でもありません。
 大高酵素では、酵素の働きの重要性はお伝えいたしましすが、働きを終えた物質である「酵素=エンザイム」の収集や意味のないアピールには、何の興味もありません。

 従いまして、「どんな酵素が含まれているのでしょうか?」という設問には、「酵素類の働きは、すべて終えられており、もうお役ごめんとなっており、残っているものはほとんどありませんし、例え残っていても意味のないものなので必要ありません。」とお答えさせていただいています。また同時に、「その代わり、天文学的な数の酵素群が、一生懸命に働いて造りだしてくれた生命の証は、きちんと集められて、それが品質を造りだし、製品化されています。」ともお答えしています。

 また、よく酵素といえば消化酵素のことが取り正されますが、確かに重要なものでありことは間違いありませんが、消化酵素は、酵素を代表するものでも象徴でもなんでもなく、全体のなかのほんの数例でしかありません。その辺もサイエンスとしては、とてもおかしな説明を市場でつくりだしています。
 消化酵素だけが重要であるならば、消化薬を飲めばそれで済んでしまうお話になってしまいます。食における酵素の機能性は、もっと多岐にわたっており、それこそ生命現象のすべてに関わっているだけの種類が存在しています。そのことの方が、大きな真実だと大高酵素では考えています。
役に立ちましたか?: はい

コメントを書く

コメント:
画像のアップロード:
※ アップロードできるファイルは「1つ」までです。