「ペットバイタブル」質問フォーラム

質問:ス-パ-ワンにゃんとフリカケワンの併用について

from: バタフライ 2010年02月22日 13時18分 解決 コメントする
昨年よりス-パ-ワンにゃんを愛飲させていただいております。我家の愛犬は消化器官が弱いようで、下痢便が多い体質でしたが、昨年の7月から、ス-パ-ワンにゃんを飲用してからは、下痢便が無くなり、快適に過ごして参りましたが、先週、血便模様の下痢便になり、通院、処方された薬を服用、現在はかなりよくなり、獣医師よりス-パ-ワンにゃんは続けて飲ませて下さい、との事で続けておりますが、食欲が今一の状態で先日、貴社のフリカケワンの試供品を頂、与えた所美味しそうに食べてくれますので、与えようと思ってますが、下記の点について質問させて下さい。
①併用には問題はないですか?(平常時と、下痢便状態での併用等)
②与え方について(互いの量と割合、等)お願いいたします。
③その他、併用使用時での、注意点)
  上記3点、13.5歳の老犬(ビ-グル)ですが、出来るだけ、体調管理をしてやり   また、元気に過ごしてもらいたいと思っています。ご回答、よろしくお願いいたします。.....(雇い主/65歳)
【関連キーワード】なし
  返信数:2 | 解決  Me too度:537 評価する:Me too! 役に立った!

カテゴリ:その他

コメントする

from: 大高酵素 岡  2010年03月01日 11時25分
さっそくですが、ご質問に回答させていただきます。

①の併用においてはまったく問題ありません。極めて消化吸収の良い食べものなので、常識的な量であれば、お薬との併用も、スーパーワンにゃんとの併用も、他の食べものとの併用も、大丈夫ですので安心してお与えください。スーパーワンにゃんの場合は、液質が直接腸内環境(腸粘膜や腸内細菌)に好影響をもたらしてくれますが、フリカケワンの場合は、原液が染み込んだ良質植物繊維が、ビフィズス菌などの良好な住処をつくってくれます。つまり、同じ腸内環境に働いても、少しシステムがちがっているのです。

②の量は、スーパーワンにゃんの場合、体重1kgに対して1ml=3kcalを目安にしてください。フリカケワンの場合は、普通のペットフードよりやや低カロリーの食べものとしてお考えください。後は、他の食べものと併用したら足りるか足りないかは、現場にいらっしゃるオーナー様がご自身でご判断ください。なお、液は水に溶いて水分補給として、パウダーは固形分の補給という考え方でご利用していくのも選択肢と思われます。

③についてお答えいたします。老犬の場合、消化吸収能力が落ちてきておりますので、スーパーワンにゃんとフリカケワンの併用は、腸内環境を整えながら、しっかりと栄養が消化吸収されていきますので、トータルで老犬の体力回復につながる可能性が考えられます。ただし、太っていて、あるいは糖尿病などで、カロリーオーバーが心配な場合は、他の食べものとの兼ね合いのなかで、カロリーを調整してお与えください。

 なお、老犬の場合は、遺伝子に組み込まれている寿命が近くなりますと、細胞の生成にもいろいろな支障が出てくるものです。いつか来る死もどんな手を尽くしても避けられません。しかし、そこにいたるプロセスには大きな差があるものです。犬が、最後まで自分は家族と一緒なのだと感じることと、自分はもう見捨てられたのだと感じることとは、生きる意味でも大きな差を生み出してしまいます。オーナー様の心ある暖かい手が、その差を生み出すことになるかと思います。

 そういう意味でも、ペットバイタブル製品が、愛犬の体力回復にお役立てできますことを切に願いっております。
役に立ちましたか?: はい
from: 管理者  2010年04月01日 04時52分
質問された方からのコメントがありませんが、
管理者の判断により「解決済み」とさせていただきました。
ご了承ください。
役に立ちましたか?: はい

コメントを書く

コメント:
画像のアップロード:
※ アップロードできるファイルは「1つ」までです。