「ペットバイタブル」質問フォーラム

質問:スーパーワンにゃんとフリカケワンの違い

from: 一般 2009年08月11日 22時27分 解決 コメントする
現在スーパーワンにゃんを利用いたしております。今回は「パウダー」を使用させて頂こうと思っておりますが、効能等は同じでしょうか。
【関連キーワード】スーパーワンにゃんフリカケワンβーグルカン
  返信数:3 | 解決  Me too度:858 評価する:Me too! 役に立った!

カテゴリ:ワンちゃんの家族の方

コメントする

from: 一般 (質問者) 2009年08月11日 22時29分
 いつもご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。またこの度のご質問とフリカケワンの方のお申し込み、重ねてお礼申し上げます。さっそくですが、回答させていただきます。

 [ペット腸内環境イノベーション]というコンセプトの元に開発されたものなので、基本的な目的は同じところに行き着きます。しかし、その品質のもたらすシステムが違っているというこです。

 [スーパーワンにゃん]という液体製品は、次のようなシステムを持っています。

◎腸粘膜への浸透性と抗菌力・抗酸化力を持ち、βーグルカンなどの影響で免疫活性をもたらしてくれますし、同時に、原液が吸収されると生きる活力源になってくれます。

◎悪玉菌は住みにくい環境を善玉菌にとっては住みやすい環境をつくるために、腸内細菌に優勢バランスに貢献してくれます。

◎腸内環境改善の結果、吸収されたものは、肝機能に負担をかけずに応援してくれるので、血液性状を改善し、そのメカニズムが全身に及ぶ体内環境の改善につながっていきます。

 発酵野菜パウダー[フリカケワン]は、かなりの確率で分解されていますが、まだ良質な繊維をもっています。そのために次のようなシステムを持っています。

◎植物由来・発酵由来の様々な栄養分を供給してくれますが、同時に、吸収してはいけない毒素や汚染物質などを、余分な脂肪といっしょに吸着して、便として排泄してくれます。

◎発酵野菜パウダーの繊維分は、スーパーワンにゃんの原液が使用されて、また発酵させているために、やはり悪玉菌は住みにくい環境を善玉菌にとっては住みやすい環境をつくるために、腸内細菌に優勢バランスに貢献してくれます。

◎結果、排便の際の便の質が改善され、量も適正に規則正しく出るようになります。臭いにおいても、腸内環境が改善されるために、軽減されていきます。全身に及ぶ体内環境への改善効果は、スーパーワンにゃん同様です。

 つまり、システムが少し違っていますが、その目的とするところは同じということになります。両方のシステムを合わせると、腸内環境にとってはさらに効果的であることは間違いありません。また、それぞれの最も得意とするところがありますので、うまく使い分けいただくことも、使用方法の選択肢の一つです。

 例えば、普段の便通を整えるだけなら、フリカケワンだけでも大丈夫ですが、弱っていて食欲がないときは、やはりスーパーワンにゃんの方が役に立ちます。

役に立ちましたか?: はい
from: marron  2010年02月03日 08時00分
単なるβグルカンでは何の栄養にもなりませんし、草食動物でなければ役に立たないと思いますが、大高酵素にはβグルカンのどういった部分が多く含まれるのですか?
役に立ちましたか?: はい
from: サイト管理者  2010年03月06日 09時35分
marronさま

ご質問について、こちらの見落としがございまして回答漏れがありました。
marronさまのご質問を新たなものとして新規質問として掲載いたしますので
回答まで少々お待ちください。

誠に申し訳ございませんでした。
役に立ちましたか?: はい

コメントを書く

コメント:
画像のアップロード:
※ アップロードできるファイルは「1つ」までです。